他のスタッフの力があってこそ成り立つ医療の世界!

薬の適正使用に欠かせない~薬剤師の存在

薬剤師は薬の専門家として、医師が処方した薬剤の調剤、患者さんへの説明などを行います。しかし最近では病院や調剤薬局などにおいて新しい薬剤師としての関わりを行っており、適切な薬剤の提供に尽力しています。
病院における薬剤師の専門的な業務として、薬物血中濃度モニタリングがあります。特定の薬剤について、患者さんの体格や腎機能などの側面と薬の挙動を考慮して、適正な血中濃度に保たれるよう計算を行い、投与量や投与方法について医師に提案を行う取り組みが行われています。
また調剤薬局における新たな業務として、在宅患者訪問業務や無菌調製業務があります。自宅で治療を受けている患者を対象に自宅まで薬を届け、服薬管理を行うほか、点滴治療を受けている人の点滴を無菌的な環境で調製を行うなどの取り組みが行われています。
現在、薬剤師の関わりなしに医療の実践はない現状となっています。

チーム医療と呼ばれる新たな医療の提供方法

チーム医療と呼ばれる言葉が最近の医療においては流行となっています。チーム医療とは、医療の実践にあたった各職種がそれぞれの専門性を活かし合い治療を行っていくという体制を指します。
チーム医療として現在実践されているものとして代表的なものに、感染症対策チーム(ICT)があります。ICTは、医師のほか、看護師、薬剤師、臨床検査技師などがチームを作り、病院内で起こる感染症から患者、患者家族や院内職員守る使命を担っています。具体的には院内ラウンド、院内感染症把握動向の調査のほか、病院独自の感染対策マニュアルの作成や改定などさまざまな取り組みを行っており、マニュアルの作成にあたっては細菌検査方法については臨床検査技師が主体となり、消毒薬の管理方法については薬剤師が主体となっています。