医師を取り巻くスタッフたちの仕事

医師の周りの様々な専門職

医師の周りには様々な専門職がいます。その代表格が看護師です。看護師の仕事は医師のサポートはもちろんですが、患者の日常生活をサポートする事が挙げられます。具体的には排泄の介助を行ったり、食事の介助を行ったりするのが主な仕事です。
次に大事な専門職として薬剤師があります。薬の専門家であり、医師が処方した処方箋に基づいて薬剤を作成します。患者向けには服薬指導なども行います。レントゲンの専門家として働いているのがレントゲン技師です。こちらの職種ではレントゲンを管理し、放射線の管理を行っています。リハビリを担当する作業療法士もいます。作業療法士は日常生活で必要な家事や掃除などのADLの訓練を行っています。このような様々な医療スタッフがいます。

病院にいる医療行為ができない専門職

医療スタッフ以外にもたくさんのスタッフがいます。その代表格として福祉の専門職としての社会福祉士がいます。精神科に限って言えば精神保健福祉士になります。在宅で生活するための支援が主な仕事です。家の改装が必要な患者には改装の手助けをしたり、ヘルパーが必要な患者や施設入所が必要な患者には、ケアマネージャーや相談支援専門員を紹介するのが仕事です。
福祉の専門職以外にも病院会計を取り扱う医療事務や、調理を担当する調理師も病院には在籍しています。栄養を管理する管理栄養士もほとんどの病院には勤務しています。病院によってはスタッフのための保育所が設置されている場合があり、病院で働くスタッフの子供を保育する保育士が勤務している場合もあります。